ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   1月 26

自分を知る

ただ
そうなんだと
気づく

団体行動になじめない
大人数のなんとなくのコミュニケーションに興味が湧かない

(これは子供のころからで、だから学校は好きではなかった。
もちろん、楽しいこともあったけれどね。
学校って、団体でいろいろするから、気分が乗らなくても、
わくわくしなくても、やらなきゃいけないことがいっぱいあって、
もともと好みがはっきりしているわたしには、文字通り修行でした、笑!)

自分に興味のない話題が行き交い
なんとなくワイワイとしている場にいると
なんともいえない不安感と自分ではない感覚にとらわれる

そんな自分の個性を

人が嫌いなんじゃないか(いえいえ、そんなことはありません、笑!!!)
そういうのは良くないんじゃないか・・・(社会的には、友達はたくさん、つながりは大事に、と言うからね、笑!!!)
という「思い込み」によって
判断していたと気付く

しかし
それこそがサインなのである
自分のことを知るチャンスなのである

「自分に興味のない話題が行き交い
なんとなくワイワイとしている場にいると
なんともいえない不安感と自分ではない感覚にとらわれる」

無理してこっちを体験することはないのである

そんなことに使うなら
自分のワクワクにエネルギーを集中させることだ

        ☆

きっかけは、昨日の夜、ふいに湧いてきた、「さびしい」気持ち。
いま、思えば、それは、自分が自分を認めていないということに起因していたと思う。

昨日の夜、テレビで蛭子さんを見たこと。
今朝見た結婚の夢(会場には、招待していないのに、見ず知らずの親戚の人たちがたくさん来てくれた^^)。

そんなこともヒントになった。

人とのつながり方、ご縁を大切にするその仕方も。
わたしのやり方でいい。

もう、大切にする、という言葉の定義すら、違ってくるね。

        ☆

そうそう、読み直していて気が付きました。
「団体」が、嫌いなんじゃなくて、
ただ、団体が共有している対象に興味がないだけのとなんだな。

だって、部活のバレーボールは大好きだったもの!!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*