ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   2月 21

自分に遠隔

胸椎(とくに11番あたりを中心として)に痛みを感じたので、入浴中に、レイキをしました。
といっても

背中に手は届かない!

そこで、こういう時には、遠隔で背中にレイキを送ります。

遠隔って、離れた人や場所だけじゃなくて、ちゃんと自分にも送れるのですよ。
おー、それは気付かなかった!
という方は、ぜひ試してみてくださいね。

レイキを送るのも自分、受け取るのも自分なので、最初は感覚が混乱するかもしれませんが、何度も実践していくうちに慣れてきて、レイキを送っている感覚も、受け取っている感覚も、ご自分なりに感じられるようになりますから、どうぞご安心を。

その経過を好奇心を持ってお楽しみくださいね。

まぁ、遠隔でなくても、発霊法を応用したり、イメージを使うという方法もありますね。

結局、この時の遠隔で、患部の痛みは和らぎ、下から上に向かう気の流れは改善されました。
ヒビキとしては、熱感とぴりぴりする感じがありましたね。

昼間に、自力整体のクラスに出たのでその影響か、季節的な身体の変化によるものなのかな・・・と思っていたのですが。

実は、この日は、食べ過ぎだったかもしれません。

昼間はランチで、スープにメカジキのカツレツ。そして、パンを数種類。そしてカフェオレまで飲んで。夜は、夕食で、ポテトサラダを食べすぎました。おかずだけにしてご飯は食べなかったんですけどね。

体質にもよりますが、身体の反応が敏感になってくると、ちょっと食べ過ぎ、という程度でも身体に反応が出るようになります。

また、わたしの場合、季節の変わり目や、意識の変容にともなう身体の変化で、エネルギーのバランスが不安定な時は、ちょっとした食べ過ぎが不調として現れることがあります。

人の体って、こんな風にいろんなことを教えてくれるんです。そういう身体からのサインに耳を澄ませるというのは、手を当ててヒビキを感知していくという性質上、レイキの得意とするところでしょうね。

これからは、自分の体のことは自分で理解して、大きな不調の前に自分で対応していくことができる生き方がますます求められます。

そういう感覚を磨くという意味でも、レイキはとてもお勧めですよ。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Comment

  1. […] 昨日の記事で、湯船で自分の背中に遠隔をしたエピソードを綴りましたが、実はその記事を綴って家る最中に、ちょっと面白い体験がありました。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*