ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   4月 26

幼稚園児の頭のヒビキ

ママのお腹にやどった直後からレイキをさせてもらってきた子が、この春から幼稚園に通い出しました。

幼稚園には楽しく通っているようですが、新しい環境で、たくさんの人の中で過ごすようになってかなりストレスも感じているようです。

気分にむらがあり、態度がとてもとげとげしいのです。

今日は幼稚園から帰ってきて寝込んだところを、30分程レイキをさせてもらいました。頭部のヒビキがすごかったですね。ピリピリ感はもちろん、頭部の気の状態が、こもっていてすっきりしない感じが伝わってきます。睡眠を邪魔しないよう、無理なく手を当てられるところからレイキをしましたが、前頭部、後頭部(とくに首に付け根あたり)はなかなかヒビキが抜けませんでした。

それでも、レイキをしていると、ピリピリ感は緩和されていき、頭部の気の流れもすっきりしてきました。

大人でも、ビジネスマン(もちろんウーマンも!)など日中、頭をフル回転させて働いている人は、たいてい頭部のヒビキはものすごいのですが、それに通じるものがありました。

小さな子供とはいえ、新しい世界に入り、交わる人も増え、頭の中はきっとフル回転なのでしょうね。

レイキでは、こうして手を当てることで、気の流れを簡単に整えることができます。この気の流れが停滞したり、冷え固まったりしたのが、放置され蓄積されていくといわゆる病気になります。

もちろん、眠っている間に、この気のゆがみというのはかなり解消されるのですが、人間の自然治癒力というのは偏り疲労が苦手です。

ですから、レイキでヒビキがあるところに積極的にレイキをしていくことは、わたしたちの治癒力を大いにサポートしてくれる訳なのです。

あなたの大切なご家族。小さな命。そして、自分自身を守り育んでいくために、レイキはとても有効です。

ぜひ、身につけられて、ご自身、ご家族の健康としあわせにお役立て下さい。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*