ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   5月 11

イルカになった少年(?)

久しぶりにレベル3の開催をしました。

たのしかったなぁ。
おもしろかったなぁ。

テキストの内容、言葉たちが、深く豊かに響いてくる。

無限の豊かさというレイキの本質は、やっぱりここまで来て伝えられる部分というのがあるのですね。レベル1、2を体験しているからこそ、お伝えできるもの、受け取っていただけるものがあるのだと思いました。

レベル3では、第4シンボルを使ってハイヤーセルフ(本質的な自己)や高次元の存在を感じるというワークをします。

実は、このワークの時間。みなさまとご一緒させていただく度に、意外な自分の一面を感じることができ、わたしもとても楽しみにしているのです。

わたしのハイヤーセルフというのは、たいてい少年のような少女のような中性的な子供が登場します。

普段は、草原で風に吹かれていることが多いのですが、今回は違いましたね。

安心と喜びに満ちていて、すっかりしあわせのご様子。花を手に持っているので、どうしたいの?と聞いたら、ひとりひとりに手渡したいのだと言った。そして、魔法をかけたいんだって、キラキラの(笑)。

場面が変わって。今度は、海の見える丘に立っている。どうするのかな、と思っていたら、海に飛び込んだ。その瞬間イルカになったよ。

そして、あ・・・、と思った。

「イルカと、海へ還る日」

この連休の旅で出会った本のタイトルです。今は新書として流通しているようでしたが、出会ったものと同じタイプの中古本を取り寄せて、先日届いたばかり。

このワークで海が出てきたのも、イルカが出てきたのも初めて。でも、やっぱり繋がっているんですね。現実に、海とイルカが、本を通してやってきているんだから。

ワークの中で、少年(少女?)がイルカになった瞬間は本当に美しかった。

イルカの持っている遊び心と人懐っこさ。それがあなたの中にもあるんだよと教えてもらったような気がします。もっともっと、そこを解放していきたいですね。

実は、わたし。今でこそ、こんな風にメッセージを受け取れるようになりましたが、レイキを始めたばかりのころは、こんな風にイメージで受け取れるとは思ってもいませんでしたよ。

レイキの実践で感受性を育んだひとつの行く末かな、と思っています。しかも、まだまだ発展途上!

レベル3は未踏の地。という方々。是非いらっしゃいませ。レイキの世界がますます楽しく豊かになりますこと間違いなしですよ~^^☆

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*