ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   6月 13

今度は、イルカに乗った!?

風の城のレイキでは、一人ひとりが、レベル1、2、3と、意識の扉を開けていくように、わたし自身も、みなさまと一緒に扉を開けていきます。

ともにいる時間に、わたしたちに降り注がれた光は、互いの意識に鏡のように反射され、それはもう眩しいばかりです。

レベル3では、わたしも、みなさんと一緒になってワークを楽しみます。

普段は、日常生活の中で、たとえば、歩いている時とか、家事をしている時とか・・・。そんな何気ない瞬間にふっとアイディアが浮かんだり、閃いたり、気づきがどんどん起きてきます。

それでも、レイキのお作法(笑)にのっとって、みなさんと一緒にワークすると、また、面白いのが出てくるんですよね~。

先日のレベル3でも、お~!という展開を見せられました。

前回の記事では、わたくし、イルカになったのでございますが(笑)、今度はイルカに乗っておりました。

しかも、未来少年コナンのような男の子になって。手にはね、やりを持っていて、イルカと一緒に海に潜ったりして魚なんかを採っていたみたいです。

とにかく元気なんです。イルカの背中で!

そして、思いだしました。このコナンみたいな男の子って、大学時代に好きになった子によく似てるんですよね。たしか、あの時も、一目で彼の事が気になって、よくも知らないのにどんどん好きになっちゃった。

きっと、彼を見た時に、わたしの中の本質が刺激されたんでしょうね。なんかヒントがそこにあるというか・・・。これだ!っていうような。

もちろん、その時には分からなかったけれど、今は、自分の中に彼を通じてイメージされるような可能性があるんだなと分かります。

元気で野心も理想もあって、情熱的だった。それは、そのまま、わたし自身だったのですねぇ。

結局、その人には振られちゃったのですが、今となっては青春の良き想い出です。

そして、今回のワークの中でも、一瞬、草原にたたずむはかなげな子供のイメージが現れたのですが、すぐにそのイメージは劣化して、粉々になって風に吹き飛ばされてしまいました。

わたし、変わったのですね。自覚していなかった自分の可能性に気付いたのだと思います。

これからは、この、イルカの背中に乗って海を駆け巡る男の子のように、健全な野心と好奇心、友愛を持って生きていくのでしょうね~。

楽しみです!!!

この日、レベル3をご一緒してくださった方からいただいたメールの一部をご紹介させていただきます。(改めてHPにもアップさせていただきますね!)

かおるさんのお話もたくさん聞けて嬉しかったです。
今も昨日受け取ったり共有した時間や、大切なことが、ずっと胸の中にただよっているような気がします。
今日も何度か昨日教わったセルフレイキをしたり、遠隔レイキをしましたが、
もう、レイキ、とても好きです!
自分を整えること、自分を愛することがとても大切だとレイキが教えてくれたような気がします。まずはここからだなあと思います。
宇宙はほんとうに太っ腹で、豊かで大盤振る舞いで、 ほんとうにうつくしいなと思います。
闇も悲しみも何もかも、全部あるがままに、そのままで祝福、そんな感じがします。
これからもたくさんレイキをしながら、たくさん笑って本当の自分を生きていこうと思います。

ブラボー☆☆☆

みなさま、ぜひとも、レベル3までいらしてくださいね!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*