ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   9月 13

カマキリどん

レイキを始めるとシンクロニシティが活性化すると言われますね。

みなさんは、どんな変化を感じていらっしゃいますか? また、日々の中で、どんなシンクロニシティを体験していらっしゃいますか?

わたしの場合は、蝶を見るとか、ぞろ目を見るとか、気づきを得るとその後にそれを確認するような本に出会うとか・・・。 そんな感じです。

たとえば、道を歩いていて、何か閃いたり、気づきを得たり、楽しいことを考えた瞬間に、蝶がわたしの目の前に現れます。 これは、レイキをまだ始める前、意識の蓋があいた直後から蝶とのシンクロはものすごいのですが、とくに今年は アゲハなどの大きな蝶をよく見ますね。

(これが、運転している時には、ぞろ目のナンバーになります。ふっと、何かポジティブな考えが頭をよぎった瞬間に、 対向車のぞろ目や、後ろについた車のぞろ目、なぜかその瞬間にわたしの目の前に現れるのです。)

まぁ、見るというか、もう顔に激突されるくらいの勢いで、大きな蝶がわたしをかすめていくのです。

今日も、そんなことがありました。公園で太極拳をした後、木陰でほっとしてゆたかな気分でいると、おおきな物体が わたしをかすめていきました。アゲハ蝶でした。

今年はアゲハをよく見るなぁ。

そんなことを感じながら、公園からの帰り道、ぽわんと頭のなかでなにか閃いた瞬間、今度は、羽にトルコブルーの柄が入っている蝶が わたしをかすめていきました。

そしてこんなことを思い出しました。

太極拳を始めたばかりのころ(3年くらいまえですね)、大樹の下で、立禅(太極拳の基本姿勢)をしながら、 合掌していました。かなり長い間していたと思いますね。中盤を過ぎたあたりで、あるイメージが浮かびました。

広々とした芝生の上に、石でできた円柱状の椅子がいくつか置かれていました。すると、その椅子のひとつに、豊かな衣を身にまとった 大きな天使がどさっと座ったのです。

まぁ、面白いイメージが浮かぶものだと思って、気にもせずそのまま発霊法を続けていました。そして、もう終わりにしようかなと 目をあけたら、合掌している自分の指先に大きなカマキリがこちらを向いて止まっていました。

驚いて思わず、合掌していた両手をカマキリを振り払うにして勢いよく離してしまい、カマキリは、大樹の幹の方まで とんでいきました。

いやはや、修行が足りませんな(笑)。もっと落ち着いて、カマキリとお見合いしてればまた違ったコミュニケーションができたのにね。

それ以来、その容姿があまり好みでなかったカマキリですが、多少は愛着が湧きましたね。大好きとまではなかなかいきませんが。

きっと、イメージの中で、大きな天使が石の椅子にどさっと座った時に、実際には、カマキリがわたしの指先に腰をおろしていたんじゃないかな。 気配にも感触にもまったく気が付かなかったのがおかしいくらいですけれどね。

そんなエピソードを思い返しながら、到着した我が家の玄関の青いドアを開けようとして、目を見張りました。

表札と郵便受けになっている門柱の裏側に、緑の物体が目にはいったのです。近視のわたしは、まさかねぇ、と思いながら近寄ると、 なんと、そこにはカマキリどんがいらっしゃいました。

kamakiri思わず記念撮影してしまったのですが、しっかりカメラ目線。どちらからとってもちゃんとこちらを向くんですよ。

こうしてみるとなかなかかわいらしい表情をしてるじゃないですかぁ。

まぁ、こうしたささやかなシンクロにシティをどう読み説くか、そこにどんな意味を与えるのかが、創造主としてのわたしたちです。

わたしはもちろん、それでいいんだよ!という宇宙からのラッキーメッセージとして受け止めていますよ。

そう決めておくと、そうした事態に出会っただけで気分があがるし、宇宙との一体感が高まり、しあわせな気持ちになるのです。

まぁ、さしずめ、3年前のカマキリも、今日であったカマキリも。

わたしにとっては、大天使、ということでしょうかね(笑)。

いやはや、たのもしいなぁ。

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*