ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   3月 10

レイキという宇宙

だれが伝えても、その本質は変わらない・・・。

昨日のレベル1を終えて、改めて、レイキというものの大きさを思う朝です。

ここ最近のわたしの意識の変化、および、この数日間でどんどんと変化していく「視点」のせいなのか、とても印象深い一日となりました。

自身の内から湧いてくる「慈愛」という海のぬくもりとゆたかさ。
降り注ぐレイキのエネルギー。

まさしく、わたしにって、今このタイミングならではの出会いだったように思います。

人生の体験というものは、比べることのできないもの。
また、比べる必要もないもの。

ご自身にとって、それが、深く大きな体験であればあるほど、それにまつわる感情に寄り添う時間というものも大切になります。

レイキで自分に手を当てること。
レイキで誰かに手を当てさせてもらうこと。

それは、まさに、意識をそこに向け、感じ、寄り添ってあげるのと同じこと。

その過程の中で、いつの日か封じ込めてしまった自分の想い。その人の想い。

それは、カラダの中を行き交うエネルギーの場にも蓄積されています。

あなたのそのカラダ。
大切な人のそのカラダ。

いつしか封じ込められた想いは、ずっと気づいてくれるのを待っています。

そこに手を当てあげると、やっと気づいてくれたんだね、とカラダは喜びます。

蓄積された時間が長いほど、動き出すのには時間がかかることもあるでしょう。

それでも、日々の暮らしの中で、ご自身に、そして、大切な人に「手を当ててあげること」。

こんなシンプルで簡単なことで、あなたが体験する現実というものが変わっていきます。

それは、レイキの実践を通じて、あなたがかわるから。

レイキの実践を通じて、感じることが、あなたに気付きをもたらし、新しい視点をもたらしてくれるからです。

そうして、変化する自分自身を体験していくことが、レイキの面白さ、生きるというこの醍醐味でもあります。

宇宙そのものともいえるレイキの世界から見れば、わたしなんて、ほんのちっぽけなもの。

それでも。
レイキの実践を通じて感じられる宇宙が、わたしは好だから。
レイキをお伝えしている時の、みなさまとの時間が好きだから。

わたしはレイキを伝えていくのだと思います。

こうして、風の城へと足を運んでくださる方がいること。

心から感謝申し上げます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*