ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   9月 26

喜びとともに~母の目覚め~

それは、9月16日のことだった。

電話の向こう。
嬉々とした母の声。

「ものすごいこと体験しちゃった。なぜだかわけもなく喜びが満ち溢れてくるのよ!」

そして、興奮気味にその経緯をわたしに話してくれた。

うれしかった!!!

母に訪れた、この、最初の目覚めを心から祝福した。

「よかったね。おめでとう!!!自分への最高の誕生日プレゼントだね。」

そう、この二日後には、母はちょうど70の誕生日を迎えるのだった。

今、母が上京している。叔母(つまり、母の妹)の入院にともなってのことだった。

術後から数日。可能な限りわたしが出向いてレイキをしにいっていたが、しばらく母にバトンタッチ。

昨年の11月から父へのレイキで鍛えた母の手が、今度は、自身の妹のために役にたつ。

なんと心憎い宇宙の演出、そして、はからいであろうか!

たしかに母は変わった。

表情が一段と柔らかくなり、まなざしが一段、まろやかになった。声にはりがあり、声量もある。

そして、訳もなく湧き上がる「喜び」についてとうとうと語る。

そうだ、目覚めた直後というものは、そんなものだ。そして、その喜びを分かち合いたくて仕方がないのだ!!!

わたしも、そうだったように、母にもそういう時が訪れたのだ!!!

窓辺のダイニングテーブルで、お気に入りの簡単ランチをふるまった後、わたしが洗い物をしていると、歯を磨き終えた母が、ふいに言った。

「これも、あなたが、通ってきてくれたからだよ。だから、わたしも変われたんだよ。」

(実は、昨年秋から、父の病気をきっかけにして、月に1回程度、帰省して数日間、父と母にレイキをしていくということを継続していて、すでに、父の経過は良好だったのだが、母の精神的なフォローが必要だということも感じていたので、いまだにそれを続けていた。)

「うん、それがレイキというものだよ。」

というわたしの一言で、「そうか、エネルギーってそういうことか・・・」と、また何か、母の腑に落ちたようだった。

そう、だからわたしはレイキを伝えている!!!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*