ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

風の城☆kaoruのレイキエッセイ

   9月 30

秘境を流れる水のように

アースキャラバンが終わって
明日でちょうど一週間

アースキャラバンを通じた体験で
化学反応していたわたしの心も
ようやくおちつきを取り戻してきた

すると
これまでとはちがった自分の在り方が
見えてきた

より快適に
自分で在ることを求めるようになっている


辻井さんのピアノの音色を聴きながら
内を流れる命の源泉の輝きを観る
それは秘境を流れる水のごとく
美しく清らかだ

これからは
これまで以上に
こうした感覚に
寄り添っていくことになるだろう


   9月 23

明日!

明日は
出会うことができた人たちと
わたしたちのベースとなる
愛をたがやし
ゆたかな恵みをもたらす
大地となれますように・・・

こどもたちの
笑顔のために!!!


   9月 14

蛇の脱皮

目の前で
蛇が何度も何度も・・・・
もう数えきれないぐらいに、笑!

次々に脱皮をする夢を見ました
それぞれいろんな色、柄の蛇でした。

それを、夢の中ではただ淡々と眺めていたのですが、
目覚めてすぐ、いい夢だな、と思いました。

古い皮を脱ぐ。
成長。
新しい自分。

イメージはいいことづくめ。

案の定、太極拳のレッスンでは、これまでずっと不自然でうまくいかなかった動きが、ものすごく自然に、力を使わずにできた、という驚き。

これは、歪んでいた経絡が整って、その経絡本来の機能を発揮させはじめたということです。

パチパチパチ!
おめでとうございます!!!

ね、あたらしい私でしょ^^。

先生にも、「いいっ!!!」ってむちゃ褒められた。

いや~、ここまで長かった・・・。

まだもう少し、微調整が必要だけれど、この新しい経絡バランスで、おもいっきり現実を堪能したい!!!

今宵も、虫の声がきれいだ。

平穏という大海のなかに、さざ波のようにきらめく、今というワクワク。


   9月 10

新しいキャンバス

子供のころの家

わたしが育ったその家の一室の中にいると
その空間がゆらゆらと大きく揺れたと思ったら
土台から外れたその部屋はお向かいの家の方に大きく転がった

作業中だったお向かいのお家では
二人の人が犠牲になった

そんな夢を見た

自分の中の
子供のころから巣くっていたような
古いものが壊れたのだと思った

実際いま
仕事を終えて
しみじみ思うのは

自分の中の古い鋳型のようなものが
破壊されたんだなぁということ

自分自身であることの爽快感と
安心感が増したようなきがする

そして
ものすごく自由な領域が広がったように思う

大きな大きな
白いキャンバスに
なにを書こうかな・・・

いや
わたしという
宇宙の通り道を通じて
何が生まれてくるのかな・・・

そんなわくわくとともに


   9月 05

本当の愛

本当の愛が分かれば

規則やルール
道徳や規範はいらない

愛という本質からおこる
欲求や行動は

まわりとも調和する

社会がかわるのを待っていては
人生が終わってしまう

だから
風の城にルールはない

愛という力の本当の姿を
わたしは
いつでも見ていたい