ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   8月 19

ありのままの自分

実は、音楽って本来はちょっとしたトラウマもあって苦手意識があるのです。もちろん、聴くのは大好きですよ。

も、こうして、ライアーを弾くようになって、その響きを心で感じていくということを、少しずつでも重ねていくことで、まったく知らなかった音楽という新しい世界の扉が、開きつつあるように感じています。

これは先日、アメイジンググレイスを弾いていて気がついたことですが、間違えてしまったり、響きの悪い音が聞こえたりすると、つい、そこで弾くのをやめて最初からやりなおしたくなるんですけど、そうではないのですね。間違えたのも、響きのよくない音も、
「あ、間違えたな」
「いま、変な音がしたな」
とそのまま認めて、弾き続けていけていくほうが自然なんだなと、ふと思ったのです。問題は認識するけれど気にしないということですね。

つまり、それは、ありのままの自分を認める。できない自分を受け入れるという生き方の態度の現れでもあります。だから、その方が心地良いしリラックスして弾くことができる。

そうすると、いい音が響いてきたり、いい感じで弾けている時の感覚が嬉くて、弾けば弾くほど楽しくなってくる。
「あ、今、いい音がした!」
「いま、いい感じて弾けてるな」
という良いところに意識が向いて、自然に前向きな気持ちになっていくのです。

そして、どんどんエネルギーアップしていく訳です。

レイキには実践をつみかさねる程に、もともと持っていた自分の感性が開けてくるという傾向があります。それは、レイキとともにあることでゆっくりでも確実に磨かれていきます。

そうして、わたし自身は、苦手意識を持っていた音楽の世界に触れることで、新たな気づきを得て、それを実生活に生かすチャンスを与えられています。

そういう小さなことでも、魂はとても喜ぶのです。

レイキで磨いた感性を、あなたは、どんな風に生かしていらっしゃいますか?

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

2 Comments

  1. purpleguitarist より:

    そうなのですね…今更ながら府に落ちた感じです
    私は子供の頃からclassic guitar を弾いていましたが、社会に出てから距離が出来ていました
    最近久々にケースを開けましたが、下手で下手で悲しい限りでしたよ
    でも、自分が紡ぎだす1つひとつの音って…優しい気持ちに導いてくれますね♪

    • kaoru kaoru より:

      ふふふ^^。
      早速遊びにきていただき、ありがとうございます!
      ギターをなさるのですね。
      心の弦をはじくように
      やさしく丁寧にライアーとの時間を
      つみかさねていきたいです。
      自分のためにね。
      そして、いつか、もし、自分が満たされて
      そこから広がっていくものが
      ライアーでも生まれるようなら・・・
      その時は、誰かのために弾きたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*