ねぇ かおるさん 耳からつくしが生えてますよ

レイキサロン&スクール風の城☆kaoruの気まぐれ日記

   10月 31

「色めがね」をはずしたら・・・

この数年、世界を受容したいと、わたし自身を開く、ということに意識を置いていました。

ところが、無限にあると思われていたその扉を、開いて開いて、開ききった先には、生まれたまんまのわたしがいました。

そして、それは、日本神話が言うところの、神であると思いました。

そんな気づきを得た直後に、こんなことがありました。

カーラジオから流れてくる、とあるMCに、
なんて、キラキラとした輝きをもった響きなのだろう・・・。
いったい誰の声かな・・・。

などと、おもいをめぐらすわたし。

ところが、それは、わたしの苦手なあの歌手の声だったのです。

それまでは、彼女の声のMCがカーラジオから聞こえてくると、きゅうくつな気分になるのが嫌でした。その感覚を言葉にするならば、「きちんとしなくちゃ」とか「がんばらなくちゃ」というようなことでしょうか。

ところが、その時は、そういう感覚が再現されることなく、わたしは、その声を聴いても、すぐにいつものそれと気が付かなかったのです。

とにかく、最初に感受したのは、その声のもつ可能性と輝きでした。

人は、世界を自分が信じている通りに見ています。
つまり、人それぞれの「色めがね」を通じて世界を見ているのです。

でも、その「色めがね」は外れた時にしかわからない。
つけている時には、それが「色めがね」だとは気が付かないものなのです。

「色めがね」をはずすことができた時、この世界の、ありのままの輝きを見ることができます。

この体験も、わたしがかけていた、ひとつの「色めがね」が外れた瞬間でした。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*